パパ臭い!娘に言われた一言がきっかけでさすらいの旅に出た37歳においハンターの冒険

パパ臭い!娘に言われた一言がきっかけでさすらいの旅に出た37歳においハンターの冒険

体臭、とくにワキ……。「発汗時のニオイで困っ

体臭、とくにワキ……。

「発汗時のニオイで困ってます」という人、結構多いのではないでしょうか?少しの発汗時ですら「もしや……」と考え込んでしまうもの。実のところは思っているより臭わないのに苦悩している人も沢山います。でも、ほんとうに周囲の人に迷惑をかけていないのか、気づかれる程の異臭ではないかと、 体臭に不安を抱える人にとっては重要な問題ですよね。

汗・皮脂・垢、そして雑菌がきっかけで体臭が生じます。 分泌された皮脂や汗は、分泌されたばかりではほぼ無臭ですが、放置しておくと皮膚で菌が繁殖し、皮脂や脂に含まれる脂質やタンパク質、アミノ酸などの成分が酸化、分解されて、悪臭を生じさせるのです。

また、病気が原因で特有の体臭を放つことがあります。清潔な肌を意識していてもなお、異臭を感じる際は、医師の判断を仰いだ方が良いでしょう。

体臭のうち脇は殊更、「汗をかくと臭う気がして、なやんでいます」という人、意外と沢山いるのではないですか?脇のにおいはワキの下にあるアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺という3つの汗の元からの分泌物が素肌に存在している菌類と分解され発されるにおいを指します。

ワキガを抱える人は、アポクリン腺の数の多さや、発達のしすぎから、ここからの分泌がとりわけ多く、腋臭がするのです。ごく稀ではありますが、性器周辺にわきガ臭が発生する「外陰部臭症」を患う人も稀に存在します。ねばっとしたキャラメル状態の耳垢が出る人は「外陰部臭症」を疑うべきです。しかし、こちらもワキガと同様に、然るべき治療法を受けることで 臭いを緩和できますから、ひとりで悩みこむ前に 専門医院で相談してみてください。

ワキガになる理由として、 汗と雑菌の混合物です。

腋を毎日洗うことは最も肝心です。

朝出発する前と、帰宅後のバスタイムに、デオドラント効果のある石鹸で洗うと効果的です。

インナーは発汗・吸水・乾燥面が優秀なコットン素材のものを身につけましょう。ムレるのを防ぐために締め上げるようなインナーの使用は使用しないほうが良いでしょう。

「腋からの臭い」と「体からの臭い」は同じだと思われることも多いようですが、「腋臭症」と多汗の臭いはそれぞれ違います。「脇の臭い=ワキガ」という認識は間違っています。ワキガ臭が発生する起因は、 その人の体質との関連性が強い為、 思い悩んでいるならば、ひとまず、 本当に腋臭症かどうか専門家の意見を聞くべきです。

わきにある「アポクリン腺」という 汗腺が活発化しやすいというのが、腋臭症を持つの人の体質です。

発汗直後であれば汗は臭いません。

汗を放置することが臭いの原因になります。

汗が出るたびこまめに拭き取るように気を配りましょう。乾燥したタオルやハンカチよりもなるたけ硬く絞ったウェットタオルを使用し拭き洗うのが最も効果的な防臭案です。

アロマを使ったローションや、レモンなどの香りがするタオルを用意すれば、より気持ちが良いでしょう。

近頃は女性器の異臭に関する専門外来に駆け込む人が急増しています。ドクターに聞いたところ、セックスの際にベッドで彼に「くさい」と注意され悩んだ結果病院へ足を運ぶティーンエージャーが多いと言います。

身体の悩みを話題にしたネット掲示板の書き込みを読むと、女性が性器の臭いの予防法を尋ねている書き込みが目立ちます。異性に指示される以前から自分でデリケートゾーンの臭いに気付いて悩みを抱える女性は少なくありません。

とりわけ月経最終日が近づいた濃い色味の分泌物が付着する期間は特に強い臭いが鼻につくケースも。

日常生活でも下着を脱いだとき、あまりにも臭いがきついなと感じるようでしたら産婦人科でアドバイスを貰うのがお勧めです。

デリケートゾーンの臭いが気になったら、ニオイ予防をしつつ、 健康面も改善していくと良いでしょう。

デオドラント剤の効果的な使い方としては、 「一部分に」「短期間で」使用することが肝心です。デオドラント剤によっては広範囲に渡り汗腺を塞いでしまうものもあります。

ずっと広範囲を、塗ったままにしておくのはやめましょう。

わきの臭いだけでなく、体臭の防止策には、なによりも「清潔」を保つことが大切です。脇のにおい臭の発生をブロックする『擦り林檎シップ』は、擦った林檎を木綿布でまとめ、湿布を貼るときと同様にわきに当てるだけで簡単に効能を感じることが出来ますから、試してみてはいかがでしょうか。

①皮付きの林檎一個を洗い、残さず全て擦りおろす。

②すりおろしたリンゴをガーゼなどで包み、果汁を絞る。

③残った果肉を布で纏めて、両わきの下に5分間挟みこむ。女性器からの臭気に悩みを持つ若者は少なくないですが、現実はほぼ「勘違い」か「意識過剰」であり、服を着ているときに他人が感じるくらい強い匂いがする人は、とても珍しいということです。

だいたい、陰部から臭いがしないなんて事はありえません。

性別や年齢に関係なく、皆そろって多少のにおいを持っています。

ワキの臭いは遺伝するもので、両親のうち片一方が腋臭症の場合50%、両親ともワキガの場合は75%の確率で子供も腋臭症に罹ると言います。さらに、両わきではなく片方に限りわきガというケースもあります。

一般論として、においとホルモンの関係性は強く思春期終盤からより強く発するようになるようです。

脇のにおいの人は、アソコノの臭いや足のニオイなども 不安に感じることもあるようです。